譲渡所得

離婚によって建物を譲渡することになりました。この場合の所得税の扱いについて教えて下さい。

夫婦の離婚の際に、相手側の請求によって片方の人が相手方に財産を渡す、いわゆる財産分与を建物や土地で行ったときは、分与をした人に譲渡所得が課税されることとなります。
この場合、分与を行った時の建物・土地などの時価がその譲渡所得の収入金額になります。
それに、分与をもらった人は、その日にその時の時価で建物・土地を取得した事となります。
このことから、将来分与をもらった建物・土地を売却した場合は、その分与が行われた日を基準に、長期・短期譲渡になるかの判定を行います。

関連記事

  1. 譲渡担保で資産を移転した時の譲渡所得はどのようになるのでしょうか…
  2. 土地などの貸付によって権利金を受けることになりました。この場合の…
  3. 店舗を借りて商売をしていましたが、最近明渡の要求があり、立退料を…
  4. 金地金を売却しました。この場合の譲渡所得の仕方について教えてくだ…
  5. 店舗用と居住用が一体となっている住宅を買い換えることになりました…
  6. 資産の中で譲渡所得の対象に含まれるものの課税方法について教えてく…
  7. ゴルフ会員権を売ることになりました。その対価に関する譲渡所得につ…
  8. 譲渡所得の計算はどのように行われるのでしょうか。

おすすめ記事

  1. 譲渡所得税を納めるための申告はいつ行えばいいのでしょうか。
  2. 土地などの貸付によって権利金を受けることになりました。この場合の譲渡所得はどのようになるのでしょうか。
  3. 金地金を売却しました。この場合の譲渡所得の仕方について教えてください。
  4. 法人に出資する手段として不動産を譲渡しました。この場合の所得税法上での扱いはどのようになるのでしょうか。
  5. ゴルフ会員権を売ることになりました。その対価に関する譲渡所得について教えてください。
  6. 離婚によって建物を譲渡することになりました。この場合の所得税の扱いについて教えて下さい。
  7. 譲渡担保で資産を移転した時の譲渡所得はどのようになるのでしょうか。
  8. 地方公共団体に財産を寄附しようと思っています。この場合の譲渡所得はどのようになるのでしょうか。
  9. 店舗と併用して使用していた住宅を売却することになりました。この場合に受けられる特例にはどのようなものがあるのでしょうか。
  10. 店舗用と居住用が一体となっている住宅を買い換えることになりました。この場合に受けられる特例にはどのようなものがあるのでしょうか。
2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP